toggle

動画講座コンサルティングについて

「思ったより先生を身近に感じられました」
「いつか先生にお会いしたいです」

こんな素敵な感想を、
私のトールペイントのオンライン講座を修了した生徒さんが送ってくれました。
嬉しくて、遠くに住んでいるのに会いに行きたい気持ちになりました。

同時に、こんな風にリアルに教えているような効果が
オンライン講座からも得られるなんて、
素晴らしい!と思いました。

私は長年トールペイントという、
家具や雑貨に絵を描くクラフトを教えてきました。
アメリカ人のアーチストのデザインを描いてきたのですが、
アメリカの田園風景、テディベア、スノーマンなどをせっせと描いている私を見て、
友人が本当に悪気なく言いました。

「なんでアメリカから日本なの?日本からアメリカじゃない?」

その瞬間、
「そうだ、日本の和柄と西洋のトールペイントを合体させた、
和柄トールペイントを発信しよう!」と思い立ったのです。

トールペイントでオリジナルを作ることなど、
長年考えなかった私が「和柄を描く」と決めた途端に、
アイデアがどんどん浮かんできました。
不思議なことに、何時間もかけて描いたアメリカ人アーチストの大作より、
自分のオリジナルの小さい和柄うさぎの方が愛おしく思えてしまうのでした。

そんな私の和柄トールペイントに興味を持ってくれた
カルチャーセンターの方から、開講のお誘いがありました。
大々的に新聞折り込みちらしを出してくれて、
ワクワクしながらスタートした和柄トールペイントクラスですが、
集まった生徒さんはほんの2名でした。

お問い合わせは沢山いただいたのですが
「その曜日は仕事なので、別の曜日はありませんか?」とか
「子供が学校に行っている午前中じゃないと無理です」とか
「やっぱり遠くて通えないです」ということで、
断念された生徒さんがとても多いと、カルチャーセンターの担当者から聞きました。

学びたいのに学べない人いることを、とても残念に思いました。
私も教えたいのに教えられない状況だったのです。

でも、日本中のどこかの人が、
私の和柄トールペイントをやりたいと言ってくれるはずだ、と自信はあったので、
独自のやり方で「オンライン講座」というのを作りました。
作品を作る自分の手元をカメラで撮影してレッスン動画にし、
メルマガスタンドを使って配信したのです。

そうしたところ、愛媛から、名古屋から、大分から、と
徐々に受講者が増え、レッスン終了時には
「先生に会いたい」「先生を身近に感じた」と、
まるでリアルなレッスンをしているかのような感想をいただけたのです。

しかも、自動配信をしているので、一切手間なしです。
私が旅行していても、友達とランチをしていても、
その日がくれば生徒さんは私の講座を受講してくれます。

このやり方に多くのハンドメイド講師さんに興味を持っていただき、
2019年から2020年にかけて、約1年間で60人以上のハンドメイド講師さんに、
私とパートナーが開催した「オンライン講座の作り方」の講座を受講していただきました。

オンライン講座を作った生徒さんからは、
「家族が病気になっても関係なく受講してもらえる」「もうリアル講座も全部オンラインに変えようかな」
「海外からも受講してもらって、嬉しすぎます」と、
オンライン講座を作って大正解だったという声をいただきました。

私は、リアルに対面で行う講座は、何にも替えがたい講座だと思います。
生徒さんと直接会って、悩みを聞いたり、体調を伺ったり、無駄話をして笑ったりしながら進める講座は、
それは最高です。
しかし、あなたの講座を受けたくても受けられない人が世の中にたくさんいるはずです。

遠くて通えない、時間が合わない、
そんな未来の生徒さんに一番ふさわしいのがオンライン講座です。
そして、ちょっとした工夫をすることで、実際に習っているかのように生徒さんとの関係性を
深めることができます。

私はハンドメイド講師ですが、
この方法は講座をしている先生であれば、どんな方でも実現可能です。

違うのはただ一つ、「動画の撮り方」です。
ハンドメイドでは自分の手元を撮りますが、お料理の先生であればフライパン全体が入るくらい、
少し上から撮るといいいでしょう。

セミナー講師であればパソコンの画面をスクロールして、
話しながら録画します。
ホワイトボードを使って講義する様子を、カメラで録画するのでもいいです。

自分や家族が病気になっても、キャンセルすることなく受講してもらえる。
自宅に居ながら学んでもらえるので交通費や場所代がかからない。
自動的に動画を配信してくれるので手間がない。と、
オンライン講座はメリットしかありません。

あなたは何を教えていますか?
それはオンラン講座にできますか?

この本が、これからの時代のあなたの働き方を変えて、
好きな時に好きな場所で、たくさんの人に喜んでもらえる
オンライン講座を作るきっかけになれば、私も嬉しいです。

なにより、コロナウィルスの影響で自宅待機を強いられた時に、
人と接触できる唯一の方法が「オンライン」です。
このリアルとは違う別の場所に、いち早く講座を構え、
もうひとつ収入の柱を確保していきましょう。

【読者限定プレゼント】
あなたの講座はオンラインに向いている?
『オンラインに向いている講座一覧チェック表』
オンライン化するための
チェックポイントもお伝えします。
https://bit.ly/3dm9Aaq
上のリンクをクリックしてPDFをダウンロード!