toggle
2018-09-03

どんな集客方法でも、集客できたら正解です!

先週は素晴らしい出会いがありました!

「すばらしい出会い」というと
なんか運命の人に出会ったとか
いいお仕事のお誘いとか
ラッキー!みたいな話かしら?
と思われたかもしれません。

実は8月に入り、
うちの庭の月桂樹とトネリコの木が
もう伸びたい放題伸びて
隣の家に侵入していました。

「やばい、お隣からのクレーム寸前!」
と思ったので、
早速植木屋さんを頼もうと
ネットの一括見積もりサイトに
アクセスしました。

しかし、どの植木屋も
「9月まで予約がいっぱいです」
と言うのです。

植木屋さんって
そんなに仕事あるの???
と思ったのですが、
実際お断りの連絡ばかり。。。

まあ、この暑さで
どこの家の植物も
元気よく伸びていたのでしょうね。

で、ある朝、夫を会社へ車で送る途中
前の黒い車のリヤガラスに
「ガーデニング」の文字と
電話番号がありました。

「おっ、写メしよう」ということで
前の車を写メして、
家に帰って早速電話してみました。

「庭の木を切って欲しいんですけど
8月中にできますか?」

すると、
「見積りに行きます」
という答え。

社長がすぐに来てくれて、
見積りをしてくれて、
伐採をお願いすることになったのですが
「明日ちょうど空いてます」というのです。

このスピーディーな展開に
びっくり!!

翌日職人さんと3人で来てくれて
あれよあれよと言う間に
月桂樹とトネリコを形良く伐採してくれて
草むしりもしてくれ、
病気の木に薬も散布してくれました。

しかも値段が安かった!!!

ネットだと高木1本いくら、とか
草むしりいくら、とか
プラスするほどにチャリンチャリンと
値段が上がるのですが、
こちらは全部込み、というかサービス。

職人さんは半日いくら、
一日いくらで支払うので
「何をやっても料金は一律ですよ」
と内部事情も話してくれました。

さらに話を聞くと
社長はもと西武ライオンズの
野球の選手で、
引退して植木屋を始めたそうです。

野球界では、
引退すると仕事がないので
先輩を訪ねて仕事をもらうそうです。

なのでその社長が経営する会社も
松坂大輔と一緒にプレーしていたような
西武ライオンズの選手が
何人も働いているとか。

会社には社会人野球のチームがあって
当然ながら東京では
毎期優勝しているそうで、
そちらでも有名な会社だそうです。

まあ、もとプロの集団ですから
当然ですよね。。。

そんなすばらしい出会いがあって
私は社長にお願いしました。

「そちらから、小澤さん、
そろそろ木を切る頃ですよって
声かけしてくれますか?」

そう、
無条件に常連さんになってしまいました。

こんな出会いがあるのです!

逆の立場から言うと、
車のリアガラスの電話番号ひとつで
「ぜひお願いします」と言ってくれる
お客さんに出会えることがあるのです。

あなたも集客をしているのであれば
どんな宣伝も無駄ではありません。

張り紙、ポスティング、
広告、ホームページ、ツイッター、
などなど。

どんな媒体でも
出会いは起こります。

その出会った奇跡を
継続した関係にするのに
良い教材や、良い商品が
必ず必要になってきます。

そんな最初の出会いを作るのに、
「こんなベタな方法で」と思わずに、
どんな方法でも集客を試みてくださいね。

うちの集客講座の生徒さんも
地元でハンドメイドの生徒さんを集めるのに
「公民館に張り紙します!」と
張り切っていました。

集客はどの方法が正しいというより
集客できた方法が正しいのです。

頑張ってくださいね!!

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。