toggle
2018-08-20

夏休みは座禅・瞑想でクリエイティビティを上げよう!

夏休みで10連休していた夫が
今日から会社に行きました。

バンザーイ!!!! 

なんて、同じ様に思った方は
いらっしゃるでしょうか???

10日間も一緒にいると
そろそろ自分一人の時間が
欲しくなります。

いえ、四六時中べったりと
一緒にいたわけではないのですが、
夫が休みというだけで
なんだか自分のペースが崩れます。

おとといあたりから
「会社が始まっちゃうよ〜」 と、
テンション下り坂の夫でした。

もう、小学生じゃないんだから。。。
と思ったのですが。

同じ様に
自分のペースを崩されている
お子さんをお持ちのママも
多いことと思います。

ダイヤモンドオンラインに
「夏期休暇の過ごし方で差がつく
一流の人の充電方」というのが
載っていました。

筆者が、日本に滞在している
外国人エグゼクティブに
アンケートを取ると、
「どんな休暇を取りたいか」の問いに
こんな答えが返ってきました。

「座禅道場に1週間通ってみたい」
「禅宗のお寺に2週間滞在したい」
「山奥で瞑想したい」

スティーブ・ジョブズ氏が、
仏教や禅に強い影響を受けた話は有名ですが
一流の人たちはみな喧噪から離れた場所で
「無」になる時間を求めているのです。

「無」になると何がいいかというと
企業に利益をもたらす
「クリエイティビティ」が
格段と増すということです。

新しいアイデアがたくさん浮かび
頭が爆発しそうになるのだそうです。

一流の人たちは
長期休暇を取得することの
「効果」を知っているのですね。

思えば夫は休暇だからと言って、
庭の枝を切ったり、草むしりをしたり、
通勤自転車の手入れなどをしていました。

まあ、草むしりで
「無」になっていたのかもしれませんが
来年は、
山寺での座禅を 提案してあげることにします。

一方、 私たちビジネスをしている主婦も
「クリエイティビティ」をあげるために
休暇はとても大切ですね。

夫の休暇は
妻の休暇とは限りませんので、
私達の本番はこれからです。

ぜひ、
自分が「無」になれるような休暇を
取っていきましょう。

たとえば、
全ての夕食を外食にする1週間、
国内外へのひとり旅、
好きなことだけやる1週間、
などなど。

自分へのご褒美に
休暇をプレゼントしてあげて くださいね。

タグ: , ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。