toggle
2018-07-30

ハンドメイド作家のプロフィールの書き方

先日の
「ハンドメイド講師のためのWEB集客講座」で
プロフィールの書き方について
お話しました。

私はネット検索で医者を選ぶとき
重視するのが「口コミ」と
「プロフィール」です。

ホームページに医者としての
熱意などが書かれていたりすると、
「この先生だ!」と飛びつき
大抵良い先生に出会うことができます。

どういうことかと言うと、
まずは下のプロフィールをご覧ください。

ーーーーーーーーーーーー
山本潤子  43歳
アートフラワー作家
ネットショップ「フルール」で
作品を販売
青山で教室を開き、
独自メソッドを教える
雑誌「花時間」でコラム担当
ーーーーーーーーーーーー

私の友達をヒントにした
架空の人物なんですが(笑)
これも間違いない、
れっきとしたプロフィールですね。

でも、「ふ〜ん、凄い人ね。。」
なんて、ちょっと他人事に
思ってしまいませんか?

でもこの潤子さん、
ごくごく普通の主婦だったのですが
悔しい経験がきっかけで
企業への道を歩み、
徐々に成功していったのです。

それをストーリにして書きますと、、、

ーーーーーーーーーーー

子供が高校生になり
少し時間の余裕ができたので
「パートを始めようかな」と
思うようになりました。

求人広告を見ると年齢もギリギリで、
これが社会復帰の
最後のチャンスかもしれません。

そして面接に行くと
時給は、

950円。。。

「最初ですからね。
2年目からは年に10円から
20円くらいは時給が上がりますよ。」

そう面接官に言われました。

なんだか悲しくなりました。。。

独身の頃は バリバリと仕事をこなす
キャリアウーマンだったんです。

夫の給料と同じくらいか
それ以上稼いでいたんですよ!

それから子供ができて、
会社を辞め
家事と子育てに専念しました。

でも、
決して手を抜いていたわけでは 
ありません。

シェフ並みに料理の腕をあげ
家族の食事と健康には
人一倍気を使いました。

幼稚園役員、PTA役員、
子供の部活の役員、
地域ボランティアもやりました。

子供の受験も
精一杯のサポートをし、
見事第一希望の学校へ
ふたりの子供を入学させました。

自分の親の世話や
姑の世話だって
笑顔でやってきたのです。

なのに、なのにですよ。

いざ、社会に復帰しようと思うと
時給950円なんて!!!

ひよっこの 大学生と
同じお給料なんて信じられない!

今まで生きてきた自分を
全否定されたようで、
「これは間違っている!!」
私は、そう叫びたくなりました。

そこから私は自分に何ができるか
考えるようになりました。

OL時代に培ったセールスの知識
ママ友とのネットワーク
若い時から習っているアートフラワー

そんなありったけの
自分の持てる力を使って、
何かできないかと考えたのです。

ーーーーーーーーーー

と、ここまでですが
いかがでしょうか???

「私と同じだ」

そんな風に感じた部分は
ありませんでしたか?

箇条書きのプロフィールは
頭の中で理解されるだけですが
「感情」が書かれたプロフィールは 
読んだ人の心に伝わります。

そして、
自分と同じ部分があると
共感が生まれます。

共感してもらえると
あなたのファンになってくれて
「あなたから買いたい」
「あなたから習いたい」
と思ってもらえます。

ビジネスには
プロフィールひとつとっても
とても大事です。

ぜひ自分の思いを込めた
プロフィールを
書いてみてくださいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。