toggle
2018-02-19

ペルソナの読む雑誌からヒントを得よう!

私はとある高級フランス料理店の
メルマガのライティングを
担当しているのですが、
同時に、そこの26歳の女子社員に
メルマガを教えています。

「メルマガを教える」というのは
レストランから毎週出す
メールマガジンの書き方を教えて、添削しているのです。

メルマガを出すときに
一番大事なのは
「ターゲット」ですね。

ターゲットとは
マーケティング用語で
「ペルソナ」と言います。

平日ランチが6000円からの
レストランのターゲットは
45歳の主婦で、
夫が銀行の副支店クラス、
比較的裕福な家庭です。

そんな45歳の主婦向けに
26歳の女子がメルマガを書くのは
とてもハードルが高いです。。。

45歳の主婦の気持ち、、、
そんなもんは、26歳の女子には
とうてい想像もつかないものですね。

そこで彼女に
「本屋さんで婦人画報を立ち読みして
ターゲットの好みを探ってきて」
と言いました。

雑誌「婦人画報」のターゲットは
裕福層で、和のたしなみがあり、
ハイエンドな商材に興味があり、
住環境も上質です。

衣食住、全てにこだわり
文化的好奇心が強く、
「インターナショナル」という
言葉が好きです^^

そう、レストランのターゲットに
ぴったりな雑誌なのです。

雑誌というのは、
ターゲットを絞って、
その層に刺さるような記事を選んで
掲載しています。

ターゲットをとても理解し、研究しているのです。

ですから、
あなたのハンドメイドのターゲットが
読みそうな雑誌を1冊選んで研究し、
作品作り、講座作りの参考にしてみてください。

ターゲットが好むセリフ、
色使い、滞在したいホテル、
好きなスイーツ、価格設定などなど
盗んでヒントに出来るものは
雑誌の中にたくさんあります。

ターゲットの心をつかむと
販売や集客がとても楽になります。

ぜひ雑誌のリサーチを
してみてくださいね!

先日そのレストランの
オーナーシェフが
オールドノリタケのお皿を
思い切って買いましたよ〜」
と見せてくれました。

1930年に作られた
1枚何万円もする
アンティークのお皿は、
ゴールドと若草色の
とてもキレイなお皿でした。

そうしたら26歳の彼女が
「45歳が好きそうですねぇ〜」
とうれしそうに言いました。

そうそう、
「45歳の女をわかってきたな〜」と
私もよっしゃ〜!と思いました^^/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。