toggle
2016-07-03

ハンドメイド作家に必要な「社長マインド」とは?

ハンドメイド作家で成功するには、

「社長マインドが必要」と言いました。

でも、この「社長マインド」って何?と思われるかもしれません。

難しく考えることはないんですよ。

ハンドメイド作家として仕事をしていくと決めたら、

まず個人事業主として開業届を役所に提出します。

屋号(会社の名前)を決め、届けを出して個人事業主になったら、

あなたは立派な会社の社長です。

形は見えなくても、名前をつけてあげて、確かにこの世に生み出された命、

つまりあなたの会社を、潰すも潰さないも、あなた次第なのです。

社長マインドとは?

ではサラリーマンと社長の違いはなんでしょう?

サラリーマンは、社長が大きく掲げた方針に従い、

自分の立場で仕事をしますが、社長は経営計画を立て、

会社を正しい方向へ導いて行かなくてはなりません。

時には、嫌な相手にも頭を下げたり、

目の前の顧客が商品やサービスに満足しているのかどうかを見極め、

大胆に方針を修正したりして最高の業績を目指します。

顧客が何に喜んでいるのか?

何に怒っているのか?

世の中はどの方向に向かっているか?

それらに最大の関心を払いながら会社運営をするのです。

最初は個人事業主なので、社員はいないかもしれませんが、

少し作品が売れだしたら、外注を使ったり、安い仕入先を探したり、

委託販売先を探しに外回りをするかもしれません。

そんな「社長になる」という覚悟が必要です。

でも、「社長なんてとってもなれない、器じゃないよ」

と思われるかもしれませんね。

とっても簡単な「訓練」があるのでご紹介します。

会社の会議、参加したセミナー、または子供の保護者会などで、

次の2つの事をやってみてください。

1)一番前に座る

2)一番に発言する

たったこれだけです。

いつも後ろの方や、目立たないところに座っていたら、

次は必ず一番前に座ってみてください。

毎回そうすることで、それが当たり前になってきます。

さらに、会議やセミナーで何か質問や意見を求められる場合がありますよね?

そんな時は一番に手を挙げて発言するのです。

そうすれば、その場の雰囲気が変わり次の発言者が続きます。

このような行動を繰り返すうちに、あなたはその場の空気を作ったり、

自分が前面に出る事にたいして、大きな抵抗感を感じることがなくなります。

そして知らず知らずに「社長マインドが備わった」自分になっているはずですよ。

是非是非おためしくださいね!!

タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。