toggle
2016-07-02

ハンドメイド作家のプロフィールの書き方

いいねやフォローはあるのに、商品は購入されない・・・

こんなハンドメイド作家さんも多いのではないかと思います。

なぜ買ってくれないのでしょうか???

それは、あなたがどこの誰だかわからないからです。

お客様は、どこの誰だかわからない人から商品は買ってはくれません。

買ってもらおうと思うなら全力でプロフィールを書くことです。

以下の点に留意して、最高のプロフィールを書いてみましょう。

作品に対する想いを書く

どうしてこの作品を作ったのか、
どんな想いで作ったのかを一生懸命書くと、
その想いはお客様に伝わり、心を動かすことができます。

また、手にした人にどうなってほしいのか、
手に入れるとどういう効果があるのか、
どのように生活が変わるのか、などを書くと
お客様は共感してくれます。

さらに、ブランドや作家名の由来なども書くと
名前を覚えてもらいやすいですね。

お客様に、楽しく物作りをしている様子が伝わるよう
プロフィールを書いてみましょう。

長文で書かない

長すぎるプロフィールは、読む気がしません。

できる限り短文で、改行して読みやすくしましょう。

小見出しをつけて、わかりやすく区切ってもいいでしょう。

正直すぎない

「趣味で作っていましたが、
この度出品しました・・・」

「育児の合間に作っています・・・」

「お取引初心者です・・・」

「小さな子がいるので、少しお時間いただきます・・・」

このような説明は、正直に書いているのでしょうが
相手にマイナスの印象を与えます。

お金をいただく以上、あなたはプロとして商品を制作し、
出品するのです。

言い訳に聞こえるようなプロフィールは
書かないようにしましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。