toggle
2016-07-01

ハンドメイド商品のタイトルのつけ方

お客様が、どうのようにしてあなたの商品にたどり着くのか、考えてみましょう。

まず、ミンネやクリーマであれば、
すでに商品をアップする時に商品のカテゴリーを入れていきます。

ですから、タイトルに関係なく、ネックレスならネックレス、ブローチならブローチで
カテゴリー分けされています。

あなたが狙うのは、カテゴリーでたどり着くお客様だけではなく、
ECサイトのホームページの上部に検索する場所があり、
そこで検索するお客様です。

お客様が、そこにどのような言葉を入れて検索されるのかを考え、
商品名を考える必要があります。

例えば、桜のネックレスが欲しければ
「ネックレス、桜」と入れるでしょう。

さらにピンクの桜がいいと決まっていたら、
「ネックレス、桜、ピンク」と入れます。

そのままのタイトルでは、なんだか魅力が感じられませんね。

ですからたとえば、
「春のネックレス ピンクの桜 一点物」
などとすると、ぐっと興味をそそり、

「どんな商品かな」と商品ページをクリックしてくれるのです。

すべてはお客様目線でタイトルを決める、ということです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。