toggle
2016-02-27

電力自由化 初期費用はかかるの? (6)

電力会社を乗り換えるにあたり
「初期費用」がいくらかかるのか、
不安な方も多いのではないでしょうか。

「安い安いって言ったって
「初期費用に何万円もかかっちゃったよ」
っていうんじゃ、
乗り換えなんかつまらないですよね。

電力会社の「乗り換え」にかかる費用を
ご説明しますね。

<契約事務手数料>
電力会社を乗り換える場合、
契約事務手数料が、だいたい3千円前後かかる場合があります。
しかし、手数料を取らない新電力も多いので
調べてみる必要があります。

<工事費用>
電力会社を新電力に乗り換える場合、
電力メーターを「スマートメーター」に
替える工事をする必要があります。

しかし、そうした交換工事が必要な場合でも、
消費者が工事費用を負担する必要はありません。

無料で交換してもらえるので、ご安心ください。

あっ、「スマートメーターって何??」
と思われましたか?

以前のアナログ式の電力メーターは、
検針員の人が来て使用量をチェックしましたが
スマートメーターには通信機能があるので
立会いチェックは必要なくなります。

30分ごとのリアルタイムの電気使用量なども
チェック出来るので、時間帯ごとの料金プラン設定も
できるようになりますね。

この、電力メーターの交換にあたっては
立会は必要ない場合がほとんどです。

乗り換える度に、またはプランを変えるたびに
メーター交換するの?

という疑問が生まれるかと思います。

でも、電力自由化が定着すれば、
たびたび電力会社を乗り換える家庭も
増えてくると思われます。

でも、一度スマートメーターに交換してしまえば、
後は耐用年数まで交換する必要はありませんよ!

各家庭の「メーター」は送配電機能の一部で、
送配電機能は全ての電力会社が共用するものなので、
電力会社を乗り換えてもメーターや電線を変える必要はない、
ということなんです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。