toggle
2016-02-27

電力自由化 乗り換えによって料金が高くなるケース(5)

電力自由化というと
「電気料金が安くなるんだ!」と
思う人が多いでしょう。

しかし、
これまでは電気料金が高くなりすぎないように
国が料金の大幅な値上がりを
規制する働きがありました。

でも、自由化後はこうした規制がなくなるので、
契約している電力会社によっては、
天候や災害、燃料費の高騰などを反映して、
随時値上げすることもあるでしょう。

天候とか災害とかは仕方ないけど、
基本的には料金は下がるの?

という質問に対しては・・・

いくつかの条件下では
電力会社を変更すると
逆に電気料金が今までより
「高く」なってしまう可能性があります。

<高くなるケース1>
消費電力が少ない世帯

一人暮らしなど、電気を使う量が少ない家庭では、
乗り換えで料金が上がってしまうケースがあります。

現在の料金水準では、
消費電力が少ない家庭への電力供給は
「赤字」だと言われています。

なぜなら東電や関電といった地域の電力会社は、
こうした消費量の少ない、
いわゆる「儲からないお客さん」にも、
使いやすい値段で電気を供給する
「責任」を背負うのと引き換えに、
電力事業の地域独占を許されてきました。

今後も引き続き、こうした「責任」が
地域電力に残される見通しなので、
電気消費量の少ない人は
無理に乗り換えない方がよさそうですね。

しかし、一人暮らしの人でも安くなる
電力会社もあるので、
一度見積もりをとってみるといいでしょう。

<ケース2>
オール電化の家庭

オール電化の家庭の地域電力会社の料金プランは、
通常のプランよりも5~10%程度安く設定されています。

例えば東京電力の「電化上手」は
深夜23時~翌朝7時の電気料金が
通常より4割以上安くなっているます。

新電力の多くは、オール電化の場合、
平均で5%程度の割引率です。

例えば、東京電力のオール電化プランで
月に15000円支払っていた家庭は
ENEOS電気にすると20000円になるという
計算が出ています。

つまり、乗り換えをすると、
高くなる可能性が高いので、
オール電化のご家庭は注意してくださいね。

「初期費用はどのくらいかかるの?」

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。