toggle
2016-02-26

風邪をひいたときの民間療法「第一大根湯」の作り方

うぉ〜〜〜〜〜
熱がある!!

風邪かもしれない・・・

そんな時、
あなたはすぐにお医者さんに行って
薬をもらって飲みますか?

つらくて
なかなか医者に行けないよ〜

なんていう時もありますよね。

人間の体は
菌やウィルスが入ってくると
それをやっつけようと
体温を上げて、
戦闘態勢に入ります。

ですから、
38度以下の熱であるなら
薬は飲まずに
布団に入って大汗をかいて、
自分の力で解熱させるのが一番です。

それじゃあ
「早く大汗かきたい」
と思いますよね。

「からだにやさしい自然の手当て法」
(PARCO出版)という本に
とってもいいメニューが載っていました。

それは、大根としょうがで作る
「第一大根湯」です。

大根おろし 大さじ山盛り3
おろししょうが  少々
しょうゆ 大さじ1と1/2
三年番茶  2カップ

三年番茶とは、
「三年以上育ったお茶の木からとった
葉と茎を焙煎した番茶」で
体を温める働きがあるそうです。

早速アマゾンで検索したら
見つかったのですが
健康食品店でも
売っているそうですよ。

これを飲むと
40分ほどで大汗をかいて
その後徐々に熱が
下がっていくのだそうです。

この材料なら、
スープ感覚で飲めて
おいしそう(^^)

熱が上がった時は
すぐ薬局に走るのではなく
こういった自然治癒力を
見直すのもいいですね。

やさしい奥様やお母様に作ってもらったら
「薬で治った」ではなく
「愛情で治った」って
周りに自慢できますよ!

次に熱が出た時は
愛情たっぷりの
「第一大根湯」を飲んで
高熱とのバトルに勝利してくださいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。